災害時における医療体制はどうなっているのか

日本は災害の多い国です。
特に地震や台風は頻発していますよね。
毎年、災害によって命を失ってしまう人も多いのが現実です。
災害医療にもっと力を注いでいかなければ、死亡者数を減らすことはできません。
現在最も注目されているのは、ドクターヘリの普及でしょう。
地震が起こったときには、道路が使えなくなるケースが多いです。
山間の地域なら土砂崩れで通行が不可能になりますし、震度6以上の地震があれば普通に地割れを起こす可能性もあります。
平地であっても、救急車が通れなくなることは十分考えられます。
ヘリコプターなら、そうした状況下においても人命を救うために活動ができます。
現状ではまだまだドクターヘリの数は多くありませんし、ドクターヘリを受け入れることのできる病院の数も多くはありません。
アメリカなどは国土が広いせいもあって、ドクターヘリの数は充実しているのですが、日本ではまだ普及は始まったばかりです。
今後数を増やしていくにはどうすればいいか、各所で議論がされています。

http://seiei-kenbi.com/
身体の中から改善していきます。コリ、歪みから来る痛みもお任せ下さい。

http://ogawa-dental.jp/
愛知県のおすすめ歯科医 ⇒

一生涯、ご自身のお口の健康を守りたい方
まるおか歯科をご受診ください

歯科医院には欠かせない資格

理学療法士に興味があるなら
国家試験合格を目指す関西国際リハビリテーション専門学校

関連記事

  • 統合失調症は、思考、感情、行動などの統制が困難となり、臨床的には妄想や幻覚、感情の平板化、自発性の低 …

    続きはこちら

  • むだ毛が身体全体に非常に多い方にとりまして常日頃のお手入れに関しては煩雑な作業といえます。
    と …

    続きはこちら

  • 医療は日々進歩しています。
    20年ほど前であれば、がんという病気はなった時点で死を宣告されるよ …

    続きはこちら